JR三江線

JR三江線

 JR三江線は、江津駅から三次駅までの108.1kmを走っています。 全線に渡って、江の川に沿っています。 始点の江津市は、江の川の河口にあります。 終点の三次市は、可愛川、西城川、馬洗川の3つの川が合流する場所にあります。
 江の川の写真の手前が山陰本線の鉄橋で、後ろが国道9号線のバイパスの鉄橋です。このバイパスの鉄橋は2階建てとなっていて、下にも一般道があります。三江線は右岸のふちを走っています。

JR江津駅 江の川
写真 写真

 江津駅から因原駅までは、対岸に国道261号線が走っています。 しかし、因原駅から粕淵駅までは県道しかありません。

鹿賀駅付近と江の川 竹駅付近と江の川
写真 写真

 三江線は、粕淵で初めて江の川を渡ります。
 粕淵駅から三次駅までは、国道375号線が走っています。

石見簗瀬駅付近と江の川 粕淵駅付近の第一江の川橋りょう
写真 写真

 浜原駅からは、列車の本数も少なくなります。 浜原までは、時速40kmから60kmでのんびり走っています。 しかし、浜原を過ぎると急にスピードアップし、時速80kmぐらいで快走します。 枕木もPC枕木となり、レールも太いレールに変わります。

JR三江線浜原駅 潮駅付近と国道375号線と江の川
写真 写真

 国道375号線は、1車線の狭い道となってしまいます。
 馬洗川を渡ると三次駅はもうすぐです。

石見都賀駅付近と国道375号線と江の川 馬洗川橋りょうから三次市を望む
写真 写真

 三次駅の手前では、右側に芸備線が見えます。
 三次では、馬洗川で鵜飼をやっていました。


Copyright (C)1995-2000 Joe Masumura.
mail : joe@ash.or.jp