北陸鉄道小松線廃線跡

 北陸鉄道小松線は、小松駅の裏から鵜川遊泉寺まで、田んぼの中を直線に走っていました。 1986年(昭和61年)に、廃止となりました。 現在では、北陸鉄道小松線に沿って、国道360号線が走っていて、廃線跡の大部分は、道路の拡幅工事に使われています。

北陸鉄道小松線

駅名読み仮名営業キロ備考
小松こまつ0.0km駐車場、鉄橋
おき1.0kmコマツ敷地、道路
打越うちこし2.1km道路
若杉わかすぎ2.5km道路
加賀八幡かがやわた3.2km道路
佐々木ささき3.9km国道360号線
軽海かるみ5.3km国道360号線
鵜川遊泉寺うかわゆうせんじ5.9km築堤、桜並木

北陸鉄道小松線廃線跡

 北陸鉄道の駅は、国鉄小松駅の裏の、コマツ(営業当時は、小松製作所)小松工場の隣にありました。 2001年現在では、駐車場となっていますが、駐車場の隅に、短いプレートガータ鉄橋の跡が残っています。

小松駅跡から遊泉寺方面を見る プレートガータ鉄橋の跡
写真 写真

 小松駅を出ると、コマツ小松工場の間を走っていましたが、現在では、コマツの敷地となっているため、通れません。
 沖付近で、国道8号線を横切ると、真直ぐな道路となります。 北陸鉄道小松線は、終点の鵜川遊泉寺の手前の築堤部まで、ほとんど直線だったと思います。
 国道8号線小松バイパスを横切ると、国道360号線となります。 加賀産業道路までは、廃線跡を利用して、4車線の道路となっています。

道路となった沖付近の廃線跡 国道360号となった軽海付近の廃線跡
写真 写真

 加賀産業道路を過ぎると、国道360号線と離れます。 この付近から、廃線跡らしくなり、梯川を渡るための築堤が残っています。

梯川に向かう築堤跡 鉄橋があった梯川
写真 写真

 梯川を渡ると、終点の鵜川遊泉寺駅があった場所です。 2001年現在では、桜並木だけが、残っています。
 鵜川遊泉寺駅跡の近くには、巨大な大仏の顔のある、ハニベ巌窟院があります。 中には、時事ネタの像もある、地獄めぐりができ、一見の価値はあるでしょう。

鵜川遊泉寺駅跡の桜並木 鵜川遊泉寺駅跡付近にあるハニベ巌窟院
写真 写真

 終点の鵜川遊泉寺駅跡から先も築堤が続いていて、延伸計画があったことがわかります。 北陸鉄道能美線の加賀佐野駅まで、延伸する計画だったようです。


Copyright (C)1995-2000 Joe Masumura.
mail : joe@ash.or.jp