LEGOマインドストームEV3

 LEGOマインドストームEV3は、レゴブロックを使ってロボットを作り、楽しみながらプログラミング学習できる教育用のロボットキットです。モジュールのアイコンを並べることで、ロボットを制御するプログラムを作成することができます。

宇宙エレベーター

 宇宙エレベーターは、地球と宇宙をケーブルで繋ぎ、エレベーターのように地球と宇宙を移動する装置のことです。日本では、大林組が2050年の完成を想定して宇宙エレベーターの建設を計画しています。
 この宇宙エレベーターを子供たちにも知ってもらおうと、LEGOマインドストームEV3を使った、宇宙エレベーターロボット競技大会が毎年開催されています。その体験イベントがあったので、参加してみました。

 宇宙エレベーターロボット競技大会は、子供たちが相談して作っていくため、保護者の付き添いはできません。ですから、周りから見ているだけですし、何をやっているのかも全く分かりません。
 3人組で参加したのですが、LEGOマインドストームEV3を使ったことがある子は1人もいないので、本当にロボットができるのか心配でした。でも、子供たちは真剣に相談し、指導者のアドバイスを受けながら宇宙エレベーターを動かしていました。

 プログラムは、iPadでプログラミングし、Bluetoothで転送して動かしているみたいでしたが、LEGOマインドストームEV3のプログラムは知らないので、何をやっているのか全く分かりません。でも、子供たちは、数字を言い合って宇宙エレベータのプログラムを調整し、宇宙ステーションまで登って降りてこれるようになっていました。うちの子供たちのチームは、超音波センサーを使って距離を測定し宇宙ステーションに到着しているようでしたが、隣の子供たちのチームは、タッチセンサーを使って宇宙ステーションに到着しているようでした。野鳥の写真撮影用に130倍(2730mm相当)の望遠レンズの付いたデジカメを買ったので、役に立ちました。
 子供たちは、宇宙エレベーターを自分たちだけで動かせて、大満足の様子で、大会にも参加したいというので、応援することにしました。

 家に帰ってから、LEGOマインドストームEV3のWebページを見てみると、開発キットのダウンロードができましたので、早速、使ってみました。宇宙エレベーターの動きから推測すると、だいたい下記の様なプログラムを作成したのではないかと思います。
 私の作成したプログラムでは、タッチセンサーを押すとモーターが動き出してロープを登り始め、宇宙ステーションの天井に近づいて超音波距離センサーの値が10cm以下になったら、モーターが逆回転してロープを下り始め、超音波距離センサーの値が300cm以上になったら止まるという動きの繰り返しです。このプログラムは、子供たちが作成したプログラムではなく、私が推測して作成したプログラムですので、動作確認もしていませんし、動く保障もありません。
 LEGOマインドストームEV3のプログラムは、アイコンを並べるだけなのと、モーターやセンサーが1つのブロックになっているため、それぞれのパーツがどのような機能を持っているかが分かりやすい点が良さそうでした。ただ、LEGOマインドストームEV3で変数を使って計算をしたりすると、複雑になってしまうので、入門用のプログラミング言語かなと思いました。


Copyright (C) ASH Joe Masumura