DIY (Do It Yourself)

窓からの熱損失対策(断熱化)

 実家の窓は単板ガラスのアルミサッシなので、とても寒いです。数値で表すと、平均熱貫流率が6.5W/㎡Kです。私が住んでいる家は、樹脂枠の高性能窓なので、平均熱貫流率が1.7W/㎡Kです。熱貫流率は、低い方が熱を通しにくいため暖かい家になります。
ペアガラスの断熱サッシ窓は、平均熱貫流率が2.8W/㎡K程度ですが、窓を交換すると窓1個につき10万円以上かかってしまいます。
 そこで、DIYで窓の断熱化を行うため、平均熱貫流率の計算をしてみました。窓に3層プチプチを貼ると、窓の熱貫流率は4.6W/㎡K程度になりますので、少し効果が出ます。ホームセンターには、ツインカーボと呼ばれる、熱貫流率4.0W/㎡Kのプラダンと窓枠用の材料を売っているので、これを利用して内窓を付けると、熱貫流率は2.9W/㎡K程度になります。というわけで、窓に3層プチプチを貼った上で、内窓を付ければ、計算上は熱貫流率は2.5W/㎡K程度になりそうです。ここまで熱貫流率が下がると、気密性なども関係するので、DIYでこの性能を出すのは難しそうですが、窓1個につき1万円以下でできるので、この方法で施工してみようと思います。
 ちなみに、私の熱貫流率の計算表も掲載しておきます。窓は、ガラス部分と外側アルミ枠部分と内側アルミ枠部分の面積を計算し、それぞれの部位に対する熱抵抗をEXCELで合計し求めています。住宅のUa値を計算する方法と同じです。アルミは、熱伝導率が236W/㎡Kもあるので、熱抵抗は0でした。なぜ、日本でアルミサッシが普及してしまったのでしょうかね。
 より断熱性を高めるため、内側の窓全体を3層プチプチで覆い外側の窓しか開かないようにしたり、窓枠に2mm厚の断熱テープを貼るなどして、目標性能に近づけたいと思います。DIYが終わったら、また報告します。

材質平均熱貫流率
単板ガラス窓6.5W/㎡K
ツインカーボ4.0W/㎡K
ペアガラス窓2.8W/㎡K
樹脂枠窓1.7W/㎡K
対策方法平均熱貫流率
単板ガラス窓+3層プチプチ4.6/㎡K
単板ガラス窓+内窓2.9/㎡K
単板ガラス窓+3層プチプチ+内窓2.5/㎡K
熱貫流率の計算表

オーニングの製作

 夏の日差しは暑く、遮熱しないとエアコンの効きも悪くなってしまいます。 そこで、オーニングを製作してみました。 市販のオーニングを取り付ける方法もありますが、5mx2mのサイズは売っていませんし、オーダーメイドだと高価になってしまいます。 しかも、数年で汚れが目立つので、安く製作して、汚れたら新品交換するのが理想です。

オーニング全景
遮光シートの端処理

材料

品名価格
遮光率90%の農業用遮光シート(切り売り)約300円/m
太さ3mmの対候性ロープ(切り売り)約20円/m

 遮光シートを5m、ロープを15m購入しましたが、2,000円以下でした。
 私は、遮光性能を重視したので、遮光率90%の黒色にしましたが、明るさを重視するのであれば、遮光率40%の白色に変更できます。 ロープは、炎天下でも劣化しにくい対候性のものを選ぶようにしてください。

製作方法

 農業用の遮光シートは、端処理がされていませんので、端処理をする必要があります。 そこで、遮光シートの端を折り曲げ、ロープで縫いました。 遮光シートを折り曲げることで、強度も上がりますので、遮光シートを取り付ける上部と、ロープで引っ張る両サイドに対して、端処理を行いました。 ロープで縫うときは、ロープの先に5cm程度の細い棒をテープで取り付け、それを針にして5cmぐらいの間隔で縫っていきます。 縫うのが面倒なときは、間隔を10cmぐらいにすると、手間が半分になります。
 端処理が終わったら、ロープで張って完成です。 遮光シートが余った分は、サイドに垂らしておき、少しでも横からの光を遮れるようにしました。

ルーバー窓の製作

 テラス戸や窓を開けておくと、雨が入ってくるため、雨の日は開けることができません。 ルーバー窓であれば、多少の雨であれば雨が入ってくることはありませんので、雨の日でも風を通すことができます。
 そこで、ホームセンターで売っているルーバーラティスを使って、テラス戸や窓をルーバー化してみました。
 外側の窓レールにルーバーラティスをハメ込む方式ですので、出かけるときなどは、窓を閉めることができます。欠点があるとすれば、窓にルーバーラティスを取り付ける分だけ部屋が暗くなる点と、窓を全開にできなくなる点ぐらいだと思います。
 一般的に、ルーバー窓は気密性が低く、冬は寒かったり、露が付いたりしますが、この方式の場合は、気密性が下がることもありません。

テラス戸のルーバー化
引違窓のルーバー化

材料

品名価格
ルーバーラティス(1800x300mm)約3,000円
角材(900x30x30mm)約200円
塗料 

製作方法

 ルーバーラティスを「窓レールの開口高さ+10mm」のサイズにします。 180cmのテラス戸の場合は、ルーバーラティスがそのまま使える場合もありますが、高さが足りない場合は角材を継ぎ足します。普通の窓の場合は、ルーバーラティスを切断し、切断面に角材を取り付ければOKです。
 次に、ルーバーラティスを窓レールにハメ込むため、のこぎりを使って上部に10mm下部に5mmの切込みを入れます。 切込みの位置は、ルーバーラティスの中央が望ましいですが、窓がちゃんと閉まるかどうかを確認して位置を決めて下さい。
 最後に塗装して、上の窓枠に差し込んでから、下のレールに乗せると完成です。


Copyright (C) ASH Joe Masumura